MENU

過払い金とは?アヴァンス法務事務所の過払い金返還請求の解決例は?

過払い金とは、消費者金融やクレジット会社などが利息制限法を越える金利で貸し付けていたため、借主が本来支払うべき額を超えて支払ったものをいいます。利息制限法では、利率の上限が、@元本が10万円未満は年20%、A元本が10万円以上100万円未満が年18%、B元本が100万円以上は年15%と決められております。

 

ところがもう一つの法律「出資法」では、年率29.2%を超えない限り、刑罰などに問われませんので、金融業者はこれを根拠として利息制限法を越えた高い利息で貸し付けていました。

 

利息制限法を越える部分をグレーゾーン金利と呼びますが、平成18年まではこの金利で任意に支払った場合はその返還を請求できないという規定が利息制限法の中にありましたので、不当に高額な金利を払い続けている借主が続出しました。しかし、最高裁が「過払いになった金銭を不当利得として返還請求できる」という判断を示したことで、利息制限法で「返還請求できない」と規定していた項が削除されたり、出資法の上限金利も20%以下にするなど足並みが揃いましたので、これからはヤミ金などを除いて過払い金のケースはあまり出ないと思われますが、現実に多くの借主が利息制限法を越えた利率で払い続けましたので、余計に払った金額を返還してもらう手続き「過払い金返還請求」が必要になります。

 

しかも、返還請求ができるのは、最後の取引が終わってから10年以内ですので、時効になる可能性もあります。

 

アヴァンス法務事務所は相談者の依頼を受けて、過払い金返還の手続きを他の事務所より安価な費用で実行してくれます。アヴァンスが請け負ったケースの解決例を紹介します。

50歳代の女性Bさんは、生活費に困り、消費者金融2社、信販会社2社から借入れをして、現在の収入では返済が困難となり相談に訪れました。借り入れ期間が長いものでは10年を超えているものもありましたので、引きなおし計算をした結果、消費者金融の1社について80万円の過払い金が発生しておりました。この過払い金から他の金融1社と信販会社の残りの債務とアヴァンスの手数料を引いた40万円を本人が過払い金として返還を受けることができました。

 

30歳代の男性Cさんは、以前から消費者金融を利用していましたが、収入が減り返済が生活を圧迫するようになったため返済額を減らすことができないか相談に訪れました。
手続きを進めた結果、完済した業者から合計で300万円を取り戻すことができました。しかし、現在借入れている全社に借入れが残ってしまいましたので、この300万円から事務所の手数料を引いて、残りを返済に充てたところ1社を除いて全て一括返済することができました。残った1社については分割で払っていくことで解決しております。

もう一人で悩まなくても大丈夫

アヴァンス法務事務所の特徴


公式ページはこちらから


過払金をアヴァンス法務事務所で解決した事例記事一覧

「自己破産」は、債務者がどうしても借金を返済できない場合に、その人が裁判所に申し立てることによって、裁判所が行う債務整理の手続きをいいます。裁判所を通じて借金の返済を免除してもらう代わりに、マイホームなどの不動産や資産あるいは生命保険など高額な預貯金も全て換価して債権者に配当しなければなりませんので、借金が膨らんでどうしようもない時の最終的な選択肢であると考えられます。自己破産をした時の問題点は、...